古代の避妊対策とトリキュラーの解説

triq057

江戸時代やローマ時代において、子供を望むセックスを除けば、精子と卵子が結合して妊娠する等という科学的なアプローチは出来なかったと言っても過言では無いでしょう。
したがってそれは大半の場合は、おまじないの域を出ないものであった様です。
例えば江戸時代であれば、男性側は道具という呼び方をされた大人のおもちゃと思しきものと、女性側は御簾紙といいう和紙を丸めた物を使用していました。
セックスを終えた後ではペニスを良く洗い流し、先上に挙げた御簾紙を取り出してから、ほずきの根を煎じて飲む・柄杓の底を抜いたものを神仏にお供えする等、科学的には説明出来ない事ばかりであったのは無理の無い事だったのでしょう。
またこの時代の避妊薬に該当すると思われる、月水早流しや朔日丸等の薬は存在していましたが、どの程度の避妊効果があったのかという記録は残っていない模様です。
今度は日本から古代ギリシャに目を移してみると、西洋に生える杉の精油よ呼ばれる揮発性のある芳香物質か、鉛を含有する軟膏を女性の子宮の中に塗り込むことで、殺精子剤的効果を発揮すると言われていました。
そして、その他の成分は精子運動を抑えて受精しにくい状態へと導く事が出来ると考えられていたのです。
以上、国内及び海外の昔の避妊方法を見てみると、現代の避妊方法に比べれば避妊効果は無きに等しいものであったと言えるかも知れません。
これらに対して今日日では避妊方法は豊富にあり、一つの方法を用いるのでは無く少なくとも2つ以上の避妊対策を行う事が推奨されています。
何故なら、複数の対策の内の一つが効果を発揮出来なくなっても、その他の方法がフォローアップしてくれるので、避妊する事が出来るという訳です。
最も一般的なものには、コンドームでしょう。
コンドームは一般的には男性の勃起したペニスに被せるものですが、激しい上下左右の運動により、コンドームがスッポ抜けたり、破れたりしないという保証はありません。
ですから、女性側の対応として基礎体温法や、低用量ピルの代表的な存在であるトリキュラーとで組み合わせて使用すれば、妊娠する確立を格段に落とす事が可能になります。
実は、日本では低容量ピル等の避妊薬は、街中にあるドラッグストア等では入手する事が出来ません。
入手するとしたら一般的には産婦人科等を受診して、医師による診察を受けてから調剤薬局に処方箋を提出して、やっと入手出来るものです。
しかし、産婦人科もビジネスの一つですから、良質なクリニックでも決められた検査をするのでその分の料金は当然支払わなければなりません。
また、今日日では様々な食品等が値上げされる中、少しでも安価にトリキュラーを入手したいと考えるのは自然な事です。
しかし、仕事が忙しくて産婦人科に通っている時間が取れないので、薬だけ入手出来ればと考える人はいるでしょう。
医薬品の個人輸入代行業者であるオオサカ堂のWEBサイトにアクセス可能なパソコンや、携帯電話やスマートフォン等があれば、ネットショッピングを楽しむ感覚で簡単に薬を購入する事が出来ます。
全国に一律配送無料であり、オオサカ堂が扱っているトリキュラーは21錠入りで、2780円で販売しています。
纏めて購入したい場合には、3箱・7箱、あるいは12箱パックがあり、そうすると3箱パックでは1箱当たりが1227円で、7箱パックでは1箱当たり683円です。
そして、12箱パックでは1箱当たり548円という計算になります。
トリキュラーの服用方法は特徴的で1シートに21個の錠剤がパッケージ化されていて、色分けされた錠剤を決められたスケジュールで、月経が始まった日から飲み始める必要があります。
これを飲み終えれば薬を飲まない日を1週間続け、また新しいシートを用意し服薬を続けるという形になるので、オオサカ堂で購入する場合は早めに購入しておくと良いかも知れません。