姉の使っている避妊ピル

私には4つ年上の姉がいます。
母が仕事で家を空けることの多かった家庭で育った私にとって、姉は母親代わりのような存在でした。
そんな姉は、私に色々なことを教えてくれます。
最近では、避妊ピルであるトリキュラーの効果について、私に詳しくレクチャーしてくれました。
姉は、その避妊ピルに絶対の信頼をおいており、現在も使用し続けているようです。
夢を持っている女性にとって、避妊はとても大切なことだ、と姉はよく私に語ります。
理系の大学院に通う姉は、医薬品の研究者として社会に役立つべく、毎日を研究にささげる日々を送っています。
医薬品の研究者として活躍している母の背中を見て育った姉は、昔から、女性研究者になることを夢見ていたのです。
とはいえ、そんな姉も、勉強ばかりしているわけではありません。
実の妹である私から見ても容姿端麗な姉は、男性にとてもモテます。
現在も、姉には交際している素敵な彼氏がいて、時にはデートを楽しむこともあります。
しかし、今のところ、姉に結婚願望はないようです。
医薬品の研究に人生をかけている姉にとって、結婚は二の次なのです。
そんな姉が、妊娠を防ぐために避妊ピルを飲んでいるのは、ある意味当然のことなのかもしれません。
医薬品に詳しい姉がいうには、避妊ピルの服用は、現在のところ最も確実な避妊方法なのだそうです。
姉の説明によると、トリキュラーは、プロジェスティンとエストロゲンが配合された、低用量ピルと呼ばれるもので、副作用が少なく、避妊効果が高いのが特徴なのだということでした。
プロジェスティンとエストロゲンは、いわゆる女性ホルモンと呼ばれるもので、この二つが脳から分泌されなければ、排卵はおこりません。
この2つの女性ホルモンを、避妊ピルで摂取することで、脳に、すでにこのホルモンを分泌したと思い込ませることができるそうです。
結果的に、脳は避妊ピルに騙された状態になって、プロジェスティンとエストロゲンを分泌しなくなります。
トリキュラーの服用を続けて、この状態を持続させることで、ほぼ確実に避妊ができるのだ、と姉は簡潔に説明してくれました。
さて、そんな高い避妊効果をもつ医薬品を、姉はオオサカ堂という業者を通じて手に入れています。
オオサカ堂は、日本に多数存在する、個人輸入代行業者のひとつで、海外の医薬品を個人輸入する手続きを、代行してくれるのだそうです。
自分で個人輸入の手続きをとることもできるが、確実にメーカー正規品を入手できることや、値段交渉の手間などを省けることから、オオサカ堂を利用する価値は高い、と姉は私に教えてくれました。
また、オオサカ堂では、1年分のトリキュラーを6,580円で購入できるそうで、個人的に海外の業者に交渉しても、こんなに大幅なディスカウントは実現できない、ということも、姉は私に語りました。
ほぼ確実に避妊ができるトリキュラーと、安価で確実に製薬メーカーの正規品が入手できるオオサカ堂は、姉にとって完璧な組み合わせのようです。