病院で順番待ちをせずにピルを買う方法

少し前までは、医薬品はお医者さんに処方箋を書いてもらって薬局で受け取るか、もしくはドラッグストアで一般医薬品と呼ばれる薬を購入するか、しか方法はありませんでした。
このどちらの場合も、販売員や薬剤師などと直接やりとりをしなければなりませんので、欲しい薬によっては恥ずかしい、抵抗があると感じる方も少なくなかったのではないかと思います。
しかし、最近では医薬品もインターネットで買えるようになりました。
薬事法の改正により、ある一定の条件をクリアすれば、ネット上から一般医薬品が通信販売できるようになったのです。
ただし、処方箋を必要な薬に関しては、今まで通り、医療機関を受診して薬局で直接受け取らなければなりません。
通信販売は利用できないのです。
日本は欧米各国に比べても、健康保険制度が整っている国です。
病院に掛かり、診察代とお薬代を払っても、その合計金額の何割かを払えばいいだけとなっています。
しかし、病院では必ずと言っていいほど、待ち時間がありますよね。
大きな病院であればあるほど、毎日大勢の患者が訪れ、待合室は大変な混雑ぶりです。
いつももらっている薬が欲しいだけでも、診察を受けなければ薬はもらえません。
うんざりするほど待たされた挙句、自分の診察時間はほんの数分ということも良くあります。
その上、貰う薬が保険適用外だった場合は、高額な薬代を払わなければならないでしょう。
時間がかかった上に、経費も嵩んでしまっては、続けたい薬も続けられなくなってしまいます。
一般医薬品は、待ち時間はありませんが、こちらも安いとは言えません。
それに、日本では一般医薬品としてドラッグストアに置かれていない薬もたくさんあります。
例えば、経口避妊薬などもそうです。
トリキュラーという経口避妊薬は、その効果の確かさと副作用の少なさが支持され、一番処方量が多い薬ですが、妊娠したくない間は、毎日必ず服用する必要があります。
ただし、日本のドラッグストアには売られていません。
そして、保険適応外なので、高額です。
つまり、トリキュラーが欲しければ、病院で順番待ちをし、診察を受けて処方箋を書いてもらい、少なくない金額を払って手に入れるしか道はないのです。
けれども、インターネットの普及に伴い、医薬品の個人輸入という新しい道が開けてきました。
その医薬品の個人輸入を代行する業者もたくさんいますが、その代行業者の人気ランキングでも必ず上位に位置しているのがオオサカ堂です。
取り扱っている医薬品の種類が豊富、配送が早い、サービスが良いなど、オオサカ堂の利点は色々ありますが、やはり医薬品ですから、商品の品質が一番気になるところでしょう。
オオサカ堂で扱われている商品は、先発品、後発品を問わず、全てメーカーの純正品のみです。
薬剤師による厳しいチェックを受けた厳選品だけを配送してくれますので、安心して使うことができます。
また、ジェネリック医薬品と呼ばれる後発品を多数取り揃えていますので、先発品と同じ成分、同じ効能を期待できるにも関わらず、コストは大幅にカットできるでしょう。
安価でも、それぞれの製造国の公的機関による承認を受けたお薬ばかりですので、何も心配することはありません。
もちろん、トリキュラーもオオサカ堂で取り扱っています。
病院で処方してもらうよりずっと安い値段ですので、試してみてはいかがでしょう。