トリキュラーで快適避妊生活を実現しよう

生理や避妊目的で使われるピルは低用量ピルと分類されています。
いろいろ種類がありますが、トリキュラーは多くの病院で処方されているので知名度も高いです。
避妊目的に使われるのは無論のこと、生理の前後の体内のホルモンバランスの不調の時に肌荒れをかっちりと防いでくれます。
そのことは効能にはあまり謳われてはいませんが、利用者からは大変重宝されている役割だと言われています。
初めの飲み始めのころは、軽い吐き気を催す人もいますが、すぐに慣れるようになります。
避妊ピルの代表格とされるこの医薬品は、黄体ホルモンと卵胞ホルモンで構成されています。
女性の体内ではこの二つの女性ホルモンが、生成され、排卵を促す役割を担っています。
ピルの原理は、この女性ホルモンを医薬品によって体内に取り入れて、脳がすでに新しくホルモンの分泌を行ったと判断して、新たにホルモンを分泌するのを中止させるところにあります。
簡単にいうと、脳を騙して、妊娠のつながる排卵を防ぐことで妊娠させないのです。
大体、月経初日から21日間欠かさず飲み続けることで、避妊にたいして効果を発揮します。
そのあとはそれらの繰り返しを続けていけばいいのです。
このように、この薬は、非常に高い避妊効果を持っています。
ただ残念なことに、薬局やドラッグストアーでは入手することができません。
総合病院、あるいはレディスクリニック等に行って診察を受けて、医師から処方箋を書いてもらう必要があります。
そして、それから調剤薬局に出向いてようやく最低量入手完了ということになります。
日本の薬事法の制約上、仕方がないことでありますが、これ結構大変です。
時間もかかるし、何回も利用しようと思うと、診察費用も馬鹿にはなりません。
最近では、オオサカ堂のような個人輸入代行業者を利用する人が増えてきています。
個人輸入代行業者は、日本にいる1個人が海外から医薬品等を輸入する行為を代行してくれる会社です。
利用者は、海外での医薬品費用と、それを日本に運ぶのに必要なもろもろの費用と手数料を支払うことになります。
医師による都度都度の処方箋発行が不要になるのでまとめて入手できることもあり、価格的には日本で医療機関経由で買うよりはかなり割安で艇に入れることが出来るのです。
ただ、海外医薬品は、この低用量ピルに限らず、正規品と偽物という物が存在します。
パッケージは全く同じで薬自体の形も全く同じなのに、効果が違うものが存在します。
これらを日本にいながら、識別して輸入するということは現実的には不可能なことだと言えるでしょう。
そうなると、業務を依頼する個人輸入代行業者を信頼するのが現実的な解といえるでしょう。
オオサカ堂は、個人輸入の代行業者として有名なサイトで、歴史があります。
取り扱っている商品が全て正規品だという事を強く掲げており、今までもこれからもそのスタイルは変わりません。
海外から、取り寄せて効果がない偽物をつかむのは避けたいものですね。
海外の薬を利用するときは、こうした信頼のおける会社を利用することをお勧めします。