生理が重い人にトリキュラー

トリキュラーは避妊ピルとして婦人科などでも処方される薬なので、知っている方も多いかと思います。
生理痛なら婦人科でも健康保険適用で安くピルがもらえるんじゃないのかと思うかもしれませんが、実はそれよりもリーズナブルな値段で低用量ピルを手に入れる方法があるんです。
それはオオサカ堂などの個人輸入代行サイトで購入する方法で、ここで1年分まとめ買いすれば1か月分600円以下で買うことができます。
婦人科で保険適用で処方してもらっても1か月分2000円~3000円程度かかりますから、どれだけ安いか一目でわかりますよね。
生理痛が酷いとあまりの痛さに痛み止めなしには何もする事ができず、家事や仕事など生活に支障が出てきてしまいます。
他にも、酷い生理痛の裏には子宮内膜症の影が潜んでいる事もあり、その予防のためにも低用量ピルで子宮を休ませる事が大切なのです。
ですが、妊娠したいと思う時まで継続して利用するには、保険診療でも高すぎますし、できれば安くて簡単に手に入る方がいいでしょう。
個人輸入でトリキュラーをまとめ買いすれば、低価格で手に入れられるだけでなく、わざわざ薬が切れる頃に婦人科へ行って処方してもらう必要もなくなりますから、時間がないという方でも気軽に治療を続けられます。
オオサカ堂で購入できる医薬品は、すべてメーカー正規品であり、トリキュラーの場合もその成分は病院で処方されるものとまったく同じなので安心です。
医薬品を購入する事に抵抗を感じるかもしれませんが、個人輸入で海外の薬を手に入れることは薬事法で認められていますし、多くの方が利用しているんですよ。
ただし、初めて使うものなら医師の指導下で利用してみて、体に合うとわかってから個人輸入で購入するのが安全です。
どんな薬でも体に合わない事はありますから、慎重に利用しましょう。
トリキュラーは日本国内でも最も多く使われている低用量ピルと言われていて、エストロゲンとプロゲステロンに似たホルモンを摂ることで、体のホルモンバランスを妊娠している時の状態にしてくれるので、妊娠を防ぐことができます。
そして、子宮内膜が厚くなるのを防ぎ、子宮内膜が厚いより薄い方がそれを排出するために子宮収縮が抑えられるため、そのおかげで生理痛も緩和されます。
他のメリットとしては、生理周期をコントロールできるので先の予定を立てやすいですし、肌荒れやニキビも防ぎ、その上子宮などの病気を予防する事もできるのです。
薬を飲み続けるのはあまり良いイメージを持っていない人もいるかと思いますが、生理痛を我慢するよりも我慢せずに適切な薬を飲む方が色々な病気の予防にもなるんですから、安心して使えますよね。
また、トリキュラーは低用量のため従来のピルのように太ったりする事はありませんし、副作用もほとんどありません。
吐き気やむくみ、不正出血などもほとんど現れませんから、以前よりも格段に利用しやすくなったといえるでしょう。