低用量ピルならばトリキュラー

トリキュラー は、Bayer Schering Pharma社が製造・販売を行っているお薬です。
この薬は、低用量タイプのピルとなっています。
比較的副作用が起こりにくいことから、使いやすいピルだと言われています。

そのため、世界中に人気が高い避妊薬なのです。
日本でも利用者が多いと言われていますね。
トリキュラーには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの成分が含まれています。

この卵胞ホルモンと黄体ホルモンは、卵巣から分泌される女性ホルモンですので、安全性が高いものです。
お薬として服用しても、人体に有害なものではありません。
この2つのホルモンが妊娠の状態に近いホルモンバランスを形成するため、高い避妊効果が得られるようになるのです。
トリキュラーを継続的に服用することによって、排卵が起こらなくなり、受精卵も子宮内膜に着床しない状態になります。
コンドームよりも、高い避妊効果が得られるのが魅力です。
妊娠を望まない方にとっては、非常に都合がよいお薬となっています。
ただ、避妊効果が高いお薬だからといって、コンドームを着用しない性行為はできるだけ避けて方がよいと思います。

この薬はあくまで避妊を防止するためのものであって、性感染症を防ぐ効果はないからです。
性病のリスクを避けるためには、コンドームとの併用が望ましいとされています。
また、この薬は月経痛、月経不順、月経前症候群などの症状を緩和させてくれる効果も期待できるのです。
これらの症状で毎月辛い思いをしている女性は、試してみるとよいかもしれませんね。
さらには、卵巣がん、子宮内膜症、子宮体がん、卵管炎などの病気を予防してくれる効果も期待できます。
女性の身体を守ってくれる薬だともいえますね。

トリキュラーの使い方は、それほど難しくはありません。
月経の1日目から服用をスタートさせます。
1日1錠を3週間継続して毎日服用していきます。
そして、1週間の服用を止めます。

服用をやめた期間に生理が起こります。
この繰り返しを毎月行っていけばよいのです。
お薬は、毎日決まった時間に服用するようにしたほうがいいとされています。
もしも、うっかりと飲み忘れてしまった場合には、飲み忘れた分も含めて2錠分を服用してください。

2日以上飲み忘れてしまった場合には、その時点で服用をやめて、生理が来るのを待ちます。
生理がきたら再び服用をスタートさせます。
この薬のお値段は1箱28錠入りで1,000円から2,000円ほどのお値段となっています。
リーズナブルなお値段なので、気軽に利用しやすいお薬です。
なお、このトリキュラーは、女性専用のお薬ですので、男性向けのものではありません。
また、この薬は飲みはじめの段階で、頭痛、吐き気、不正出血といった副作用が起こってしまう方もいるようです。
服用を続けていくうちにこれらの副作用は軽減されていきますので、それほど心配になることはありません。
もしも、ひどい症状を感じるようでしたら、すぐに医師に相談してください。