本気で避妊を考えるなら、トリキュラーを

ちゃんと避妊を考えるなら、間違った方法をしないことが前提です。
お付き合いした彼がまったく避妊を考えてない、といった時に不安になるのは女性ばかり・・・ちょっと辛いですよね。
コンドームをつけてねと言ってもつけてくれないし、本気で結婚を考えてるのかなと思ってもまだはっきりとした答えが出ないでいる状態が続けば、心や体の負担は女性だけになってしまいます。
あるコラムで見かけましたが、こういった場合でも彼が好きで付き合っていきたいという女性は避妊対策としてリングを装着したり、避妊手術を受ける方も多いのだそうです。
しかし、ここはちょっと冷静に考えてみましょう。
どうしても好きなんだけれど本当にゴールインする相手なのかどうか、この先自分の人生の中で家庭を作って子供を産みたいと思っているなら絶対に避妊手術には手を出さない方がいいに決まっています。
手術してしまってから、後悔しても遅いのです。
そこで、暫時的ではありますが他にいい避妊方法があるとすれば、やはりピルを服用するのが一番でしょう。
特に一番人気のトリキュラーという低用量ピルは、ドイツのバイエル社が開発しており安心です。
服用方法は3段階に分かれた三相性タイプと呼ばれるもので、自然なホルモンに似せる効果を狙うために、ホルモンの含有量が異なるものを1日1錠ずつ短期間飲み続けてホルモンバランスに影響を及ぼし、受精をしても着床しないようにしたり、子宮内に精子が入らないような効果を発揮することで避妊を促します。
短期間でしかも低用量の服用で済むお薬なので、女性の体にかかる負担が軽減されているのも特徴です。
ピルといえば、簡単にホルモンの調節が出来て服用方法も楽だというイメージの反面、その副作用が気になるところですが、トリキュラーは服用する期間が短くて済むところに加えて用いる錠数も他のものより少ないため、効果はちゃんと期待できながらも辛いといわれる副作用が軽減されているのも特徴の一つです。
また生理不順でお困りの女性にとっても服用することで生理の周期が28日に整えられるので、さまざまな計画が立てられやすくなりとても便利です。
決められた用法、錠数などを守って服用するのが原則ですが、万が一飲み忘れた時には、24時間以内なら飲み忘れた分を飲んでおきましょう。
しかし24時間以上たってしまっていた場合は、いったん服用を中止して他の避妊対策をしておき、また7日後から新たなシートから服用を始めましょう。
気になる副作用ですが、いくら低用量で服用期間が短いといっても全くないわけではありません。
軽減されていても、悪心や頭痛、下腹の痛み、発疹、吐き気などが起きる場合もあります。
あまりに気になる症状が続いたり重い症状なら、かかりつけのお医者様に相談しましょう。
体質やその時の体調で合わなくて、出ている症状もあるかもしれません。
大抵の場合はホルモンの変化によって一時的に出ている症状ですが、気になる場合は必ず話しましょう。